私たち女性の美と健康を左右する女性ホルモン。
男性に比べ女性の体毛が薄いのも女性ホルモンのおかげ。
男性に比べ女性の体形が丸くしなやかなのも女性ホルモンのおかげ。
ハリがあってしっとりした美肌も、女性ホルモンのおかげなのです。

しかし女性ホルモンのバランスが乱れたり、ホルモン自体の分泌量が減ると様々な悪影響が引き起こされます。
そんな女性ホルモンを補う方法として、女性ホルモンの注射があります。
不足している女性ホルモンを注射によって補うことで、体毛が薄くなったり薄毛が改善したり肌荒れを改善することが可能です。
また骨粗しょう症や動脈硬化、高脂血症などの予防、改善効果も期待できます。

さらに女性ホルモンのバランスは自律神経と深く密接しています。
そのためホルモンバランスが整う事で自律神経も整い、生理不順や更年期障害の改善効果も期待されています。

なんだか美容にも健康にも嬉しい効果がたくさん期待できそうな女性ホルモン注射。
デメリットはないのでしょうか?

女性特有のガンになりやすいって本当!?女性ホルモン注射のデメリットとは

メリットだけ聞くと非常に魅力的に感じる女性ホルモンの注射ですが、残念ながらデメリットも存在します。
特に女性特有のガンを招く恐れもありますので、美容のため、健康のためにむやみに注射を打つのは絶対に辞めましょう。

具体的な副作用としては頭痛や吐き気、めまい、むくみ、体重の増加。
さらに肝機能障害。
そして乳がんや子宮がんといった女性特有のがんを発症するリスクが高くなるようです。
特に近年はインターネットの個人輸入を利用して、女性ホルモンの注射を購入することができます。
素人判断で勝手に女性ホルモンを注射するのは非常に危険です。

女性ホルモンの量が増えるということは、それだけ女性らしい美しさを手に入れられるでしょう。
しかし注射に頼らずともサプリメントや食生活、生活習慣の見直しなどでもホルモンの分泌量を増やしたりホルモンバランスを整えることが可能です。

女性ホルモンを体外から取り入れるということは、必ずリスクが伴うということを把握し、どうしてもの場合は必ず医師の下で注射を行うようにしましょう。
軽はずみな行動が、この後の人生を大きく左右してしまう可能性もあるのです。