日焼けサロンで焼いた肌は元に戻る?

今の若い方は知らないかもしれませんが、私が若い頃には「ガングロ」なんて言葉が流行りました。全身を限界まで黒くして白をポイントに使ったお化粧をしたりする若い女の子達の事ですね。

 



これはメイクの仕方ですが。
今も人気があるでしょうが、当時の日焼けサロンの人気は本当にものすごかったです。私はまだ当時中学生だったのですが、ある程度日に焼けた肌は細く見えると聞いてキャミソール一枚で外出する事が多かったですね。つい先日同窓会があったのですが中には当時から日焼けマシンで焼いていた猛者もいて、お肌の色は落ち着いたもののやっぱりなんだか黒いままでした。

 

一定量以上と決めた紫外線の下で日焼けした場合にはシミもできにくいのでその分日焼けサロンは優秀なのかもしれませんが、当時はこういったブームなのでかなり強い光を出していたサロンも多いのだとか。では、一度このようにかなり焼けてしまったお肌はもう色白になる事は出来ないのでしょうか?

 

若いうちならなんとかなるのですが、年を重ねるごとに色素細胞もうまく働かなくなっていきます。若くても働きが鈍い方もいますので、ちょっとお外に出るとすぐに焼けてしまうという方もいますよね。こういった方々の場合は普通の美白化粧品を使ってもあまり効果が得られないのではないでしょうか。

 

というのも、今までの美白化粧品は表面だけにアタックしていたからです。肌の奥のメラニンまで届くような化粧品ってなかなか無かったんですよね…
それがつい最近ではたくさんの商品が出回るようになってきました。

 

その中でも一番の注目株となるとやはりハイドロキノンを配合した物ではないでしょうか。ハイドロキノンは元々医療現場でも多く使われていたそうです。例えばレーザーで治療した後のお肌が色素沈着になってしまうのを防いだりですね。

 

このハイドロキノン、外国では美しい色白の肌を作りたいセレブの方が使う物として爆発的な人気が出ました。

日本でも近年法律が変わりましたのでいろいろ見かけるようになりましたね。このハイドロキノンはお望み通り肌の奥まで届いていき、気になるメラニンを減少させてくれるんです。

 

→ ハイドロキノンといえばビーグレン(体験談)
→ シミ1点集中ならアンプルール(体験談)

 

化粧品では絶対無理だからコレしかない?!

最近は美白やシミへの効果の高い優秀美白化粧品がありますけど、全身美白!!となったら、化粧品では追いつかないですよね・・・。

 

そんな時どうするかって言うと、「美白サプリ」「色白になるサプリ」を飲む方法が一番。
>>色白になるサプリで人気が高いのはこちら

 

ただ、最近はキミエホワイトのような医薬品の飲み薬も出てます。トランシーノとか!トランシーノは肝斑に効くお薬なので、シミや美白効果は期待できませんが、シミに効く医薬品の飲み薬の場合、ビタミンCが配合されているので全身美白に持ってこいなんです。

 

私は、キミエホワイトは飲んでませんがwwビタミンCの含有量がめちゃくちゃ高いコレ飲んでます。
>>一押しのシミに効く飲み薬ミルセリンホワイト


ドラッグストアで売ってる、ハイチオールCホワイティアとかチョコラBBルーセントとも悩んだんですが、ビタミンC含有量が全く違うのと、価格がめちゃくちゃ安い!
ミルセリンホワイトは京都ヘルスケアという製薬会社の商品で、梨花が飲んでるコラーゲンドリンクとかを販売しているところです。なので、安心感もあったんで、ここ2か月ほど定期コースでシミに効く飲み薬を飲んでます。

 

全身を美白しようと思ったら、美白サプリや医薬品の飲み薬が一番かな~と思います。化粧品では、全身のケアはなかなか厳しいですしね。。。