間違っている人が多い!ノーファンデのホントのところ


ノーファンデで過ごす女性が多くなってきていますが、実はノーファンデメイクというのを間違ってる人が結構います。私も、間違ってました(^^;)ノーファンデとはすっぴんということではなく、ファンデーションを使わず、日焼け止めやUV効果のある化粧下地とコンシーラー、フェイスパウダーのみを使ったベースメイクのこと。
ファンデーションを使わないというだけで、ポイントメイクは全然OKです。

 

 

ノーファンデが流行ってるその秘密とは??

化粧崩れがしにくい!
ファンデを使っていないので、化粧崩れをしにくいのは当然のこと。また、崩れたとしてもファンデを付けていたときのように、よれたりして汚くなりません!

 

肌への負担が軽減される
カバー力を求めるファンデーションが多いので、どうしても肌への負担は相当なものですよね。でも、ノーファンデにすることによって肌に負担がかかりません。

 

メイク時間の大幅短縮!
ノーファンデメイク法は、日焼け止め⇒パウダーのみという超簡単なベースメイク。シミなどが気になればコンシーラーを使いますが、それでもほんのわずかな工程。超簡単にナチュラルな素肌が完成します。

 

 

ノーファンデに使用する場合の化粧下地は?

基本的には日焼け止めでOKです。ノーファンデなので、使用するフェイスパウダーがベビーパウダーなどの場合、UV効果が全くないので紫外線対策をしておかなければ、せっかく素肌っぽくナチュラルな肌になれても、シミやくすみでノーファンデどころではない肌になってしまいます。

 

また、フェイスパウダーでもUV効果のあるパウダーもありますが、数値があまり高くないことと、仮に表面のフェイスパウダーが汗などで取れてしまった場合、肌が紫外線にさらされてしまって恐ろしいことになってしまうので、ノーファンデ用の化粧下地を選ぶ際には必ずUV効果のある日焼け止めや化粧下地を選ぶようにしてください!

 

 

UV効果のある肌に優しいおすすめ日焼け止め

市販の日焼け止めでも別に良いのですが、私は肌が丈夫ではないので、出来るだけノンケミ、オーガニック系の肌に優しいものを基本的には選ぶようにはしています。市販の日焼け止めはプチプラで買いやすいのですが、刺激の強すぎる成分が入っていることが多く肌荒れを引き起こしてしまうので、ここでは私好みのオーガニック系やノンケミの日焼け止めを紹介していきます!

 

ママバターUVケアミルク SPF30 PA+++ 60mL

シミやシワなどのダメージを与えるロングUVAをカットするママバターのUVミルク。ノンケミで天然保湿成分シアバター3%配合なのできしんだり、塗りにくかったりがない日焼け止め。肌への負担がないので子供と一緒に使うことができます。ママバターの日焼け止めは、他にも虫が寄ってこないアロマ成分配合のアロマイン日焼け止めなどあります。

>>ママバターの日焼け止めを詳しく見るならこちら<<

 

ロべクチン プレミアムUVディフェンス SPF50+ / PA+++

こちらもママバター同様ノンケミ処方の日焼け止め。SPF50+/PA+++ という数値なのにとても低刺激で、日常使いができる優しさをもちます。さらに紫外線吸収剤不使用、パラベンフリー、石油系界面活性剤フリーなど元は抗がん剤治療などでひどい状態の方のために開発されていたものなので、肌にも人にも優しい処方なのです。ちょっと価格が高いですが、それだけの凄さはあります!

>>ロべクチン プレミアムUVディフェンスの詳細はこちら<<

 

ノーカラーの日焼け止めでは不安な人には。

お肌がくすんでいたり、赤みがあったりする場合はきれいに見えないので、肌色を均等に調節するような色つきの化粧下地などつけるとノーファンデでも肌がきれいにみえます。
また、毛穴等もカバーしてくれる効果があります。

他にも、人気の色付き化粧下地は、


HANAウェアル―オーガニックUVミルク

天然100%のオーガニック使用のHANAオーガニックUVミルク。
SPF30、ベージュ色のBBクリームが、肌をナチュラルにキレイに見せてくれます。
下地をつけてファンデをしてという人達が、HANAのUVミルクを使いだしてから、これ一つでいい♪とファンデをやめた人続出!かなり薄付きですが、肌がキレイに見えます!BBやCCクリームよりも、ナチュラルで素肌感があります。
カラーはピンクベージュとイエローベージュの2色

>>HANAオーガニックUVミルクの詳細はこちら

実はHANAオーガニックUVミルクのお試しもあります。ただ、UVミルクだけのお試しではなく、HANAオーガニックのスキンケアシリーズのトライアルセットで、UVミルクもお試しすることができます。(2色のカラーあり)
>>HANAオーガニックスキンケアシリーズのお試しページはこちら

 

KOSE米肌 澄肌CCクリーム

SPF50という強力なUV力なのに、きしみを感じさせないテクスチャでよく伸びて肌馴染みがいいです。ほんのりベージュですが、毛穴やシミもカバーしてくれて、ファンデがいらないので軽いつけ心地。
>>毛穴レス&テカリ知らず肌をひと塗りでカバー!KOSE米肌【澄肌CCクリーム】

 

同じくSPF30のKOSE米肌のBBクリームもあります!


KOSE米肌 肌潤BBクリーム

米肌のCCもBBも結局はファンデーションなので、厚塗り感や軽さが気になるかもしれませんが、この二つはナチュラルなつけ心地です!ファンデーションのようにもっさりした感じがなかったです^^

軽さで言えばこちらもおすすめ。

bglen(ビーグレン)ヌーディーヴェール

薄いベージュの色付き化粧下地。UV効果もありながら、つけ心地抜群です。気になる肌悩みのカバーはもちろん、崩れないのが驚き♪クリームの粒子が細かいので肌につけた時に反射して、より肌をきれいに見せてくれる効果があります。上で紹介したHANAUVミルクや米肌のCC、BBも肌がキレイに見えますが崩れにくさで言えば、ビーグレンのヌーディーヴェールは負けません^^
>>ビーグレンヌーディーヴェールの詳細はこちら

 

 

美容効果・保湿等の効果のあるもの

乾燥している日などは、風やほこりが直接肌に当たってしまうので、乾燥から肌を守る為にも保湿効果の高い化粧下地を選ぶことをおすすめします。乾燥肌の人は特に大切です。
ここでは、美容効果や保湿力を重点的に考えて、化粧下地としても使えるオールインワンジェルを紹介します。

ただ、UV効果が全くないので、最後に使用するフェイスパウダーは必ずUV効果のあるものを使用するようにしてください!

メビウス製薬ホワイトニングリフトケアジェル

UV効果はありませんが、肌を健やかに保つアラントイン、紫根エキス、美容効果を高めるプラセンタにコラーゲンが配合。
下地として使う場合は、あまり多めに塗らずに薄めに均等に肌に乗せていくとファンデの付きがよくなります。
夜は、日中のダメージケアやマッサージによるエイジングケアができておすすめ。
>>メビウス製薬ホワイトニングリフトケアジェル公式サイトはこちら
>>ホワイトニングリフトケアジェルを使ってみた感想はこちら

 

ユーグレナONEオールインクリーム

ホワイトニングリフトケアジェルは濃厚なゲルですが、こちらのユーグレナはさらっとしているので、さらっと感で保湿力のある下地が良いならユーグレナONEがおすすめ。
>>ユーグレナONE公式サイトはこちら
>>ユーグレナONEを体験した感想はこちら

 

余分な皮脂などを調節してくれるもの(オイリー肌の人など)

Tゾーンなど化粧が崩れやすい人は、化粧下地でも崩れやすいので、皮脂のバランスをととのえてくれる効果のある化粧下地を使用することをおすすめします。
それは断然こちら!
私も肌質改善が上手くいかなかった一昔前までは、かなりお世話になっておりましたwww

こちらもUV効果が全くないので、最後に使用するフェイスパウダーは必ずUV効果のあるものを使用するようにしてください!

シルキーカバーオイルブロック

見た目の通り、柔らかクリームではありません。ろうそくのロウのような少し固めのテクスチャ。でも肌に乗せると、肌の温度と馴染んですーっと溶けていきます。が、キレイにカバーしてくれてこれが一日テカリしらずな肌に!おまり多めに塗りすぎると、よれちゃうので、肌に均一に。そして、小鼻や口周りも薄くぬると崩れません!

ものすごくテカリや皮脂が気になる人は使ってみるといいです。がノンケミではないので、心配な方は使わない方が良いかも。

>>シルキーカバーオイルブロック詳細はこちら

また、ノーファンデを決行していくと、肌状態が良くなっていくのでテカリや皮脂が落ち着いてきますので、そうしてもテカリや皮脂がひどい場合にはシルキーオイルブロックは有効です。

 

ノーファンデに欠かせない!ベビーパウダーの使い方

赤ちゃんは汗をよくかくため、おむつかぶれなどを起こさないようにするためベビーパウダーを使用することがあります。そのベビーパウダーは、実は大人でも使うことができ、ノーファンデ―ションメイクには欠かせないアイテムになっています。

 

ノンケミカルのものがベビーパウダーにも多く、粒子がとても細かいので毛穴を目立たなくして透明感のある美肌の仕上がりになるというメリットがあります。ノンケミカルタイプであれば、肌トラブルを回避することができますし、さらっとした仕上がりになるので夏にもうれしいです。

 

さらにUVカット効果があるベビーパウダーがありますから、一年を通してシミ対策にもなります。ベビーパウダーにはオイルなどが含まれていませんから、洗顔するときにもクレンジングを使う必要がなく、石鹸や普段使っている洗顔フォームだけで洗い流すことができます。

 

ノーファンデ―ションメイクの時はもちろん、ニキビなどで肌荒れを起こしているときなどは無理にメイクをするのではなく、肌を休ませるためにベビーパウダーだけを使うと肌への負担を軽減させることができます。粒子が細かいことから、肌の表面を整えることができるので、美肌効果を期待することができます。

 

 

まとめ

ノーファンデと一言で言っても、
・全く何もしないで家だけですごす時の肌
・家にはいるけど、メイクはせずにUV対策はしておきたい
・少し外出するけどメイクは薄めにしておきたい
・仕事に行くけど、ナチュラルメイクでファンデなしにしたい

などなど、人によってノーファンデにする目的も肌質も違うので、自分の目的に合った毛化粧下地を選ぶようにしてくださいね!

 

ノーカラーの日焼け止めで大丈夫な人もいれば、ノーカラーだと肌の色ムラなが気になる人もいるのでそういう場合は、HANAのUVミルクなど状況に合わせて選んでみてください!

私一押しの日焼け止め

ロべクチン プレミアムUVディフェンス SPF50+ / PA+++

>>ロべクチン プレミアムUVディフェンスの詳細はこちら<<

 

ほんのりカラーが欲しい方には

HANAウェアル―オーガニックUVミルク

>>HANAオーガニックUVミルクの詳細はこちら

↓↓HANAオーガニックUVミルクのお試しもあり↓↓
>>HANAオーガニックスキンケアシリーズのお試しページはこちら